大人も楽しい収穫の秋。川越の荒畑農園で芋ほり体験を楽しもう

 最終更新日:2016/09/20
イベントレポート

公開日:  最終更新日:2016/09/20

収穫の秋ですね。フルーツ狩りや、キノコ狩りなど、いろいろな農業体験がありますが、今回紹介するのは、サツマイモ掘りです。訪れたのは埼玉県川越市にある荒幡農園いも堀観光。いも掘りの楽しさをレポートします。お得なクーポンの紹介もあります。

imo02

でっかいサツマイモを掘ろう

荒幡農園(あらはたのうえん)いも堀観光とは

埼玉県川越市にあるいも掘り観光農園です。行ってみるとわかりますが、家族的な雰囲気で経営されています。大きな農家に広がるいも畑。東京から1時間の場所にもかかわらず、ちょっと昔の日本にタイムスリップしたような気分にもなれます。荒畑農園いも観光

imo01

昔ながらの農家の風景が広がっています

シーズンは

サツマイモは9月半ばから11月頃まで収穫ができます。通常、9月のシルバーウィークには開園しています。電話で予約が必要とのことですが、電話で日付と名前を伝えるだけで、時間帯の指定もありません。だいたいの人数を把握していて、ツルの刈り取りなど、イモ収穫の準備をするのだと思います。

費用

1000円で7株の苗です。ひとつの苗にたくさんのいもがぶら下がっていて、とれたサツマイモは持ち帰れます。一般的なフルーツ狩りと違って人数割りではないので、1000円で家族全員が楽しめます。

場所と行き方

渋滞の状況にもよりますが、都内から1-2時間と日帰りで行けるのもいいところ。車や徒歩で行くと荒幡農園の手前に、あらはた園というのもありますが、今回は荒畑農園さんです。どちらもいも掘りをやっているので間違えないようにしましょう。

自動車
関越道の川越ICを降りてすぐ、10分ほどのところにあります。都内から行く場合は、関越道の手前の目白通りが渋滞していることがあるので、そういうときは外環道から関越道に行くといいでしょう。外環道が混んでるときは、首都高の埼玉大宮線と16号線でも行けます。
imo10

でっかい看板が目印

電車
西武新宿線の南大塚駅から徒歩で20分ほど。少し距離がありますが、散策を兼ねて歩くといいです。ただ、電車の場合、重いサツマイモを抱えて帰ることになります。宅配してもらうこともできるみたいですが。

東横線・副都心線直通で川越まで一直線なので、横浜方面からも近くなりました。(川越市駅で乗り換え)

もちもの

汚れてもいい服装で行きましょう。といっても、重装備はいりません。軍手は忘れても貸してもらえそうですが、できれば持参したほうがいいでしょう。イモを入れるビニール袋は現地でもらえます。

  • 軍手。子どもは軍手の代わりに古いソックスを手にはめると便利です。
  • クツ(長靴の人も多かったですし、逆にサンダルの人もいました。)
  • 飲み物と汗ふきタオル
  • 日差しの強い日は帽子もあったほうがいいかも。

imo09

スコップは貸してもらえるけど、土が柔らかいので手で掘ります!

幼児連れは?

幼稚園のイベントとしていも掘りがあるほどで、幼児でもいも掘りを楽しめます。子どもは泥んこが大好きです。また、入園切符のようなものがあるわけではなく、駐車場のすぐ横の畑で芋ほりするので、おむつや着替えなどの荷物は車に置きっぱなしですぐに取りに行けるのがいいところ。

クーポンもあるよ

サイトで印刷して持っていくと、季節のお野菜と交換してもらえるとのことです。こちらがクーポン。

imo12

クーポンを持ってきましょう

芋ほりしてみよう

こちらがいも畑。1000円で七株分の苗を掘ります。白い線で囲まれたところが、我が家の目印。ここ掘れここ掘れ。あらかじめツルが刈ってありますが、参加者は、ひたすら土を掘り起こします。ツルの刈り取りからイメージしていた方もがっかりしないでください。ここからでも十分に重労働です。

imo03

これで7株分

掘ってみよう

土は柔らかいので、スコップは使わずに手で掘ります。スコップを使うとグサッと刺してしまうことがあるので気を付けてください。ひとつの苗からは、いもが大小3個から7個ぐらい取れます。全部掘り起こすのに、大人が2人いれば一時間も果かかりません。どこの家族もお父さんが本気になり「イモを折るな!!」と声が聞こえてきます。カップルで来ている方もいましたが、とても楽しそうでしたよ。
imo11

二歳児も「おいも!おいも!」と大興奮

成果はこちら

さて、こちらが7株分のサツマイモ。家に帰って重さをはかったところ、全部で8㎏ほどありました。楽天のサツマイモ通販と比べてもかなりお得な量ですね。

imo04

文字通り山ほど収穫

苗によってとれるイモの大きさや数が全然違ったので、当たりハズレはありますが、7苗あるので、平均すると誰でもこれぐらいは収穫できます。ちなみに、どの畑も同じ時期に植えられたものなので、9月に行くよりは10月に行ったほうがイモが大きくなっているとのことです。

休憩します

農園の納屋で休憩がてら、ふかしたイモをいただけます。小柄な商品にならなかった芋なのかもしれませんが、自由に食べていいそうです。甘すぎない昔ながらの川越イモで、いもご飯や天ぷらなど秋の味覚にもってこいですね。

imo08

蒸したお芋をいただきます

いも掘り、あらはた農園のいいところ

いも掘りのいいところは、フルーツ狩りが苦手な人でも満足できるところ。イチゴ狩りやブドウ狩りなどフルーツ狩りで有名な果物はたくさんありますが、実はフルーツは苦手という人は多いです。酸味が苦手だったり、持ち帰っても食べなかったり。それに、食べ放題といわれても、そんなにたくさん食べられないですよね。入園料も高いので、家族で参加するとけっこうな出費になります。

お財布に優しい

フルーツ狩りは持ち帰れる量が決まっていたり、持ち帰りは別料金だったりしますが、いも掘りなら、1000円で家族全員が参加でき、たっぷり家に持ち帰れるので、お得感があります。

このサイトの管理人は、2000円分ぐらいは掘ってわけやろうと意気込んでいましたが、7株で、ご近所に配るほど取れたので1000円分で終わりにしました!それに、わずかな時間でクタクタに疲れました。

imo13

農家の納屋で休憩。楽しくて優しい雰囲気

荒畑農園ならBBQも

荒畑農園には、畑の横に広い原っぱがあり自由に使うことができます。道具や食材を持参してバーベキューしたり、お弁当でピクニックも可能です。BBQなら、さっそくホカホカ焼き芋を作れますね。トイレや洗面所もあるので安心です。自然のなかで何かしてみたいというかたは、農園に相談されることをおすすめします。親切に相談してもらえると思いますよ。

imo05

テント張ってる人たちもいましたよ

川越散策も

いも掘りは一時間もかからないので、いも掘りのあとは歴史の街・川越を散策してみるのもよいでしょう。我が家は幼児連れで川越散策はできなさそうだったので、帰りがてら与野のイオンモールをぶらぶらしました。

まとめ

毎年来てるっていう参加者の方もいました。我が家も家族の恒例行事になりそうです。とても楽しい、秋のいも掘り。皆さんも一度体験してみてください。

(寄稿:やまいし)

スポンサーリンク

広告

スポンサーリンク

広告

関連する記事

2015/05/08

前売券の割引だけじゃないプラレール博の安上がり攻略法

プラレール博・トミカ博に安上がりでお出かけする方法を紹介します。 プラレール博は、入場料だけだと思って出かけると、あれよあれよと、あちこちで課金されて、家族3、4人でも、けっこうな金額に... 続きを読む

2016/09/25

ピザーラのパイナップルピザ。「ハワイアンデライト」って美味しいの?

ピザーラで変わり種のメニューはたくさんあるけど、その中でも、昔からあるのがパイナップルが入りのピザ「ハワイアンデライト」です。いつも、メニューを見ながら「パイナップルも気になるけど、はずしたら嫌だ」と... 続きを読む

2015/05/29

カレー食べ放題。IKEAオリエンタルビュッフェに行ってきました。

IKEAで5月28日~6月7日の期間限定で、ワンコイン(500円・税込)で「オリエンタルビュッフェ」というイベントをやっています。初日に行ってきましたので、そのときの様子を写真メインでレポートしたいと... 続きを読む

2016/08/15

家族で大満足!米沢牛・山形牛カタログギフトのお試しレポート

食品のカタログギフトの中でも特にうれしい「和牛のカタログギフト」を食レポの形式でご紹介します。食品のカタログギフトを贈ってみようか迷っておられる方のご参考にご覧ください。食レポとしても楽しい記事ですよ... 続きを読む

2015/06/13

レナウンファミリーセールってどんな感じ?招待券の入手方法は?

ダーバン、アーノルドパーマータイムレスなどのブランドを展開しているREDUのレナウン・ダーバン・ファミリーセールの様子をご紹介します。また、ファミリーセール招待券の入手方法もご紹介します。 ... 続きを読む

スポンサーリンク

広告