前売券の割引だけじゃないプラレール博の安上がり攻略法

 最終更新日:2016/09/15
イベントレポート

公開日:  最終更新日:2016/09/15

プラレール博・トミカ博に安上がりでお出かけする方法を紹介します。

gift_pra8

プラレール博は、入場料だけだと思って出かけると、あれよあれよと、あちこちで課金されて、家族3、4人でも、けっこうな金額になってしまいます。できるだけ安く済ませたいなら、何を差しおいても事前のリサーチが大事です。この記事では、3歳児をつれてプラレール博に行ったときのレポートをかねて、どうやったら安上がりに楽しめるのか考えてみました。

入場料は前売り券

まず、事前にコンビニで購入できる「プラレール博前売りチケット」の入手は必須。前売り券の割引金額は、せいぜい100円ですが、当日券購入の列を避けられるという点に100円以上のメリットがあります。

というのも、毎回、当日券売り場は、朝から混雑で長蛇の列ができるので、前売り券を持っているアドバンテージは大きいです。朝から列に並んで子供がグズグズするのを回避できます。前売り券の販売期間は、開催期間前だけなので、当日朝には買えません。事前に買っておきましょう。チケットは大人1000円、子ども800円。(前売りはそれぞれ100円引き)

子供のイベントなので、3歳から入場料がかかります。2歳未満は無料ですが、オマケのプラレールはもらえません。親の分を渡せばいいです。なお、オマケのプラレールは、新幹線の真ん中だけとかだったりして、あとで車両一式を購入する必要がある困りモノだったりします・・・。中間車両だけもらってもねぇ。

gift_pra1

駐車場(幕張メッセ限定)

東京会場限定の話題になりますが、会場の幕張メッセ近くに三井アウトレットパークがあります。三井アウトレットのクレジットカードを持っていれば2時間まで無料です。トミカ博入場者限定イベントをやっていることもあるので、帰りにアウトレットに寄っていくのもアリです。

入場後にいくらかかるのか

さて、本丸のプラレール博会場ですが、入場後にも、なにかとお金を取られる仕組みになっています。お金のかからないコーナーは巨大ジオラマなど、見て楽しむ、写真を撮って楽しむものが中心です。とは言っても、せっかく来たからには、なにか有料のアトラクションをさせてあげたいところ。

gift_pra3

アトラクションはチケット制

アトラクションはチケット制になっています。1枚200円、1000円では、1枚オマケがついて11枚もらえます。たとえば、プラレール釣り(モーターつき車両):チケット6枚、乗ろうよ大きなプラレール:チケット2枚 といった具合です。

ちなみに、プラレール釣りは、何台釣っても1台しかもらえません。釣れなくても1台です。しかも、もらえるのは、オリジナルの車両(実際には世の中にない電車)です。3歳児とはいえ、よくわからないオモチャの車両より、本物の模型のほうが好きなので、ちょっとガッカリです。全体的にそんな感じで、おおむね子供だまし感の強いイベントです(笑)が、うちの3歳児は結構満足そうにしてました。

gift_pra4

節約ポイントとしては、もらえる車両には期待せず「やって楽しいアトラクションを選ぼう」ということになります。事前にどれをやりたいか、子供に選んでもらうといいでしょう。また、アトラクションごとに待ち時間が結構かかりますので、やって2つか3つと思ってもかまいません。ひととおりするのでなければ、子供ひとり当たりに1000円分のチケットがあればよいでしょう。待ち時間によっては使いきれない可能性もあります。

最終日午後がおすすめ

並ぶ時間が短くてすむのは毎日15時以降。特に最終日の午後は比較的すいている事が多いようです。ただ、量り売りプラレールなど限定商品は売り切れていることもあります。

gift_pra2

会場出口は逃げられないオモチャ売り場

会場の出口は巨大プラレール売り場になっています。他に出口はありません。。

ここではカラーレールの量り売りや会場限定販売のプラレールなど、おもしろい商品も売ってて、パパが夢中になって、がっつり買ってしまうパターンも多々みうけられるのですが(私です。ごめんなさい)、子供にも「今日はダメ。オモチャは買わない!」と言えない雰囲気がそこにはあります(笑)。というわけで、目の前にオモチャ売り場はあるし、イベントごとだし、というわけで、みなさん思わず買ってしまうようです。ここでも数千円の出費です。子供の天国です、ここは。

gift_pra7

ここでは、定価販売が基本なので、量販店やネットで買うことを考えると高いです。どうせ買うなら、ここでしか買えない限定商品がよいでしょう。

節約のポイントとしては、「オモチャ売り場では、子どもより父親に注意!」・・・。

量り売りのプラレールは高い!

量り売りのプラレールは、重さで計算すると、通常の青いレールよりやや同じかやや高いぐらいの値段になります。これはカラーを楽しむものなので、量り売りでお得に買える商品ではありません。スーパーの野菜とは違います。お菓子詰め放題とも違います。というわけで、量り売りで、どこでも売っている青いレールや黄色い橋脚を買ってはいけません。

ランチは持参で!

これまた、たいしたことないランチが高い値段で売っています。どうしてもプラレール弁当がほしいのでないなら、親の分だけでも、お弁当を持参する、近所のコンビニで買っていくといった具合にして、準備していった方がいいでしょう。再入場もできるのでファミレスに行ってもかまいません。ちなみに、プラレール博in東京が開催される幕張メッセ周辺はファミレスやコンビには豊富にあります。会場の規模が大きく、小さい子供をつれて出たり入ったりするのは面倒なので持参がオススメです。

gift_pra6

まとめ

全体的に辛口コメントになってしまいましたが、プラレール博を安くすますには、子どもに先を越されないための作戦が大事です。オモチャ売り場ではパパにも要注意。前売り券で100円引いてもらって喜んでいる場合じゃありません。もちろん、「アレもダメこれもダメ」では、何しに行ったのかわからない楽しくないイベントになってしまうので、「欲しいもの、やりたいこと」を決めて楽しみましょう。なお、家族4人で、1万円かからないぐらいの予算がいりそうです。

スポンサーリンク

広告

スポンサーリンク

広告

関連する記事

2016/09/25

ピザーラのパイナップルピザ。「ハワイアンデライト」って美味しいの?

ピザーラで変わり種のメニューはたくさんあるけど、その中でも、昔からあるのがパイナップルが入りのピザ「ハワイアンデライト」です。いつも、メニューを見ながら「パイナップルも気になるけど、はずしたら嫌だ」と... 続きを読む

2018/02/12

餃子の商品券「宇都宮餃子食べ歩き券」でお得に宇都宮めぐり

餃子の街、宇都宮で使える餃子の商品券「宇都宮餃子会加盟店 食べ歩き券」の入手方法や使い方を紹介します。宇都宮の餃子といえば、美味しいのに安くて気軽に楽しめるのが良いところですが、今回は、餃子商品券を使... 続きを読む

2015/05/29

カレー食べ放題。IKEAオリエンタルビュッフェに行ってきました。

IKEAで5月28日~6月7日の期間限定で、ワンコイン(500円・税込)で「オリエンタルビュッフェ」というイベントをやっています。初日に行ってきましたので、そのときの様子を写真メインでレポートしたいと... 続きを読む

2016/08/15

家族で大満足!米沢牛・山形牛カタログギフトのお試しレポート

食品のカタログギフトの中でも特にうれしい「和牛のカタログギフト」を食レポの形式でご紹介します。食品のカタログギフトを贈ってみようか迷っておられる方のご参考にご覧ください。食レポとしても楽しい記事ですよ... 続きを読む

2016/09/18

大人も楽しい収穫の秋。川越の荒畑農園で芋ほり体験を楽しもう

収穫の秋ですね。フルーツ狩りや、キノコ狩りなど、いろいろな農業体験がありますが、今回紹介するのは、サツマイモ掘りです。訪れたのは埼玉県川越市にある荒幡農園いも堀観光。いも掘りの楽しさをレポートします。... 続きを読む

2015/06/13

レナウンファミリーセールってどんな感じ?招待券の入手方法は?

ダーバン、アーノルドパーマータイムレスなどのブランドを展開しているREDUのレナウン・ダーバン・ファミリーセールの様子をご紹介します。また、ファミリーセール招待券の入手方法もご紹介します。 ... 続きを読む

2018/02/02

東急ブラックパスモが欲しい。最短で「のるレージ名誉駅長」になる方法を解説

東急の通勤通学定期を持っている人が、東急ポイントサービス「のるレージ」で、最もお得に名誉駅長になる方法を紹介します。できるだけ少ない電車代で、「のるレージ限定PASMO会員証(通称ブラックPASMO)... 続きを読む

スポンサーリンク

広告